広島の木の家は、磨けばよみがえる。

先月から施工をさせていただいてました、築12年目の広島の木の家の外装リニューアル工事。

足場も取れて、きれいに仕上がり、よみがえりました。

傷んでいた無垢の木部を丁寧に磨いて、汚れや黒いカビを除去して、

塗装職人さんが、2度、3度とこれまた丁寧に、心を込めて塗料を塗ってくれました。

 

自然のままの無垢の木は、外部に使うのをためらわれますが、

きちんと手入れをして、メンテナンスをしていけば、何十年、それ以上経年変化を楽しむことができます。

 

新築時は、自然塗料で塗装していましたが、今回のメンテナンスでは、

できるだけ長く持たせたいという施主さんのご希望により、より耐久性のある、

木部塗料、キシラデコールを使わせてもらいました。

 

やってみないとどこまで汚れが落ちて、どこまできれいに新しい塗料が浸透していくか変わらない、

難しい工事でしたが、施主様のご理解と、職人さんの臨機応変な対応により、

美しくよみがえり、施主様にも大変喜んでいただきました。

 

ビフォー

アフター

 

ビフォー

アフター

 

ビフォー

アフター

このサイトを広める