広島の無垢の木の家の経年変化を楽しむ。

本物の無垢の木の家は、愛着をもって丁寧に手入れをすれば、

何年経っても、その素材の美しさをよみがえらせることができます。

築10数年経過した、広島の木の家の外装メンテナンスも、

まずは、経年変化により木の風合いを失った部分を、丁寧に手作業で磨いて、

汚れ、カビなどの黒ずみを落とすところから始まりました。

元々塗られていた塗料が、木には染み込んでいるので、どうしても全部をきれいにはできませんが、

紙やすりでこすったり、電動のサンダーで何度も磨いていくことで、

元の木の木目がどんどん美しく出てきます。

 

手を入れる前の垂木先

 

手作業で磨いたのちの状況。

 

塗装の仕上げをより美しくするためのこの作業は、手を抜かず、妥協せず、

地道に続けることが大切になります。

次回はいよいよ木部の塗装の仕上げ。

どんなに変身するかお楽しみにしてください。

このサイトを広める