くらす

本物の素材を選ぶ。

ときを ためる くらし⑤(エピローグ)

June 28, 2018

少し時間が開いてしまいましたが、

 

ひでこさんち訪問ストーリーもいよいよ最終章。


広い雑木のお庭と畑を、じっくり案内していただいて、

 

ふたたびお家の中へ。

 

 


もう一つだけ、ひでこさんにお願いごと。


「修一さんが描かれたスケッチを見せてもらえませんか?」

 

 


ひでこさんは、こころよく、すぐにいろいろ棚の中を探しまわってくれた。


建築スケッチは、すぐに探し出すことができず、


修一さんと英子さんが、お客さんをもてなした時に出された、

 

お料理の記録や、修一さんが作る、スモークベーコンのいぶし方の記録など、

 

事細かに書かれているものを、いくつか見せてもらった。

 

 

 


「すごい!」

 

 


なんでも常に記録に残しておくことをされていた修一さん。


一目で、誰が見ても分かるように描かれた、イラスト入りのレシピや、

たくさんの記録。

 


「手で描いているものは、大切なものなので、絶対に捨てないでね。」と、

いつも口酸っぱく、修一さんに言われていたようです。

 

 


手で描くことで、記憶にも残るし、思い出にもなる。

 

改めて、手でいろいろ描くことの、大切さと、楽しさを実感した。

 

もっともっと手を動かして、自分も建築を、心豊かな暮らしをイメージして行こう。

 

 

 

たくさんの刺激をもらった、今回のひでこさんちの訪問も、

 

そろそろ、おいとましないといけない時間になってきた。

 

 

 

 

最後にひでこさんが、棚からマフラーを取り出して、

 

「これ一つ差し上げますから、一つどれでも好きなの持っていって」と。

 


え~っと、思わず声が出て、「ほんとにいいんですか?」といいながら、

 

嬉しくて、嬉しくて、おそらく声が弾んでいたと思う。


遠慮なく一つ選ばせてもらって、いただいちゃいました。

 

 ひでこさんの手編みのマフラー。

 

 

 


ひでこさんは、山梨に住む姪っ子さんが、羊の原毛を、刈って、洗って、

 

紡いで送ってくれた毛糸で、編み物をすることに、70歳代後半にハマってしまい、

 

毎年、50本から多い時には、100本のマフラーを編んで、

 

親しい人や、お世話になった人に贈られてるようです。

 


もちろん自分が好きで編んで、手の運動にもなるので、と

 

すべてプレゼント。

 


今年も、クリスマスまでにあと30本編んで、

 

人生フルーツのスタッフさんに贈るのが、今の目標だそうです。


ひでこさんの、人を喜ばせるための、おもてなしの心に、

 

ただただ、脱帽でした。


ありがとうございました。


冬になったら、大切に使わせてもらいますね。

 

 

 

 


楽しい時の経つのは早いもので、いよいよお別れのとき。


「今度は、奥様と子供さんも一緒にまた是非来てくださいね。」と、ひでこさん。


「もちろん、また是非来ますね。」と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとに最後に、修一さんのお写真にも手を合わさせてもらって、

 


またの再会を誓って、後ろ髪ひかれながら、ひでこさんちを後にしました。

 

 

 

 

 

実は、今回無謀にも、ひでこさんに会いに行かせてもらったのには、


もう一つ理由があって、昨年ドキュメンタリー映画 『人生フルーツ』を見させてもらった後、


この映画の上映会を広島で是非企画してやりたい、と思いました。


でも単に上映会をやっただけでは、面白くないので、

 

もしひでこさんがお元気で、お逢いできるものなら、会って直接話を聞いて来よう、と

 

思ったしだいです。


そうすれば、この映画の良さと、修一さん、ひでこさんが営んでこられた、


里山での自然に寄り添った、自給自足の楽しい暮らしを、

 

よりリアルに、もっとたくさんの人にお伝えすることができるかな、と。

 

 

 


そんな勝手な、電撃訪問を、こころよく受け入れてもらった、

 

ひでこさんに、心から感謝です。

 

 


ということで、おそらく秋ぐらいになると思いますが、


この『人生フルーツ』の上映会を考えています。


この映画を見られた方も、まだ見られてない方も、

 

是非見てもらって、心豊かな暮らしを少しでも感じてもらえたら、と思います。


おまけですが、ひでこさんに直接聞いた、いろいろなエピソードも、

 

聞きたい方は、お話しますので、どうぞお楽しみにしていてください。


また詳細が決まったら、お知らせしますね。

 


5回にわたって、書いた 『ときを ためる くらし』。


これで、ひとまずおしまいです。


おつきあいありがとうございました。

 

 

 


また引き続き、不定期で日常の感じたこと、楽しかったことなど、

 

綴っていきますので、これからもお付き合いください。


【清原 博幸 拝】

 

Share on Facebook
Please reload

最新記事

December 10, 2018

November 30, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square