光、風、熱、太陽、紫外線などなど

自然からの外的要因が建物には大きく影響しています。

 

冬場の太陽の熱は、できるだけ建物の中に取り込みたいものですが、逆に夏場は、さえぎり、排除したい代物です。

昔から日本の木の家は、軒を深くとり、夏の太陽の陽をさえぎり、雨風もしのいできました。

こうすることで建物も長持ちし、永く住み続けることができるのです。

 
 

 

元来、日本の家づくりは

建物の内と外とのつながりを大切にしてきました。

近年は、敷地の狭小化によるところもありますが

敷地いっぱいに建物を計画し、外とのつながりがない家がほとんどです。

​内と外とのつながりにより

広くない空間でもなぜか広々と感じられ、庭の草木と関わることにより、

四季を感じる心地いい暮らしができるのです。

 

家が一軒建つことにより、

周りの環境にも大きな影響を与えます。

その場所に溶け込む、昔からあったような佇まい。

周りに住む人たちにも

心地いいと感じてもらえる

そんな家づくりをめざします。